ひざの埋没毛の対象法

脱毛サロンのスキンケア、料金など

 冬場の乾燥からひざを守る方法

ひざのムダ毛を自分で脱毛する場合、カミソリや脱毛クリームを使用する事になりますね。
ただ、ひざは凸凹していて骨の形によってカミソリをあてるのが非常に難しい場所です。
ちょっと気を抜くと肌を傷つけたりしがちですし、何よりきれいに剃れないのが難点。
脱毛クリームは合う人と合わない人がいますし、
毛の抜け具合にばらつきがあるというデメリットが気になる所です。

 

そして一番の問題は、ひざの埋没毛。
埋没毛といっても「それって何?」と思うかもしれませんが、
ひざ頭がプツプツと黒い点々になってざらついていませんか?

 

この埋没毛というのはをカミソリなどの自己処理の際に毛を無理に引っ張っると起こりがちなトラブルです。
皮膚の上に生えてくるべき毛が皮膚の下で埋まって成長してしまった毛の状態を言います。

 

埋没した毛が薄い皮膚を通してポツポツとした黒い跡のように見えるんですね。
ひざは特にこの埋没毛が多いので、せっかくカミソリで自己処理をしても「汚く見える」のです。

 

埋没毛はできてしまったら、最終的には皮膚科医などと相談して対応するしかありません。
あまりひどくない状態でしたら、スクラブなどで角質ケアをします。

 

ただ埋没毛のもうひとつの原因として「乾燥」がありますから、こうしたケアもやりすぎると逆効果。
予防策としては古い角質を落としたり、しっかり保湿をするという方法があります。

 

しかし自己処理を続けている限り、埋没毛にならないようにするのはとても難しい。
肌へのダメージが少なく、余計な刺激や負担を与えない脱毛サロンの脱毛方法が
埋没毛を予防する一番良い方法と言えるでしょう。

 

脱毛サロンのひざ脱毛が安心な理由

・肌に負担がかからないので埋没毛ができにくい
・保湿ケアをしっかりするので角質もきれいになる
・カミソリで剃ると毛の断面が広がって見えて、埋没毛と同じような黒いポツポツに見えるが、
 フラッシュ脱毛なら毛根から処理されるので処理跡がきれい

 

ミュゼでは「両ひざ」が範囲の狭いSパーツですから、4回の施術で12,000円。

 

銀座カラーはデリケートチョイスで6回の施術で15,000円です。
銀座カラーのメリットはトライアルコースというのがあり、
これにデリケートチョイスを加えて行うと、
トライアルコースの分が無料になる(キャッシュバック)プランがお勧めですね。
15,000円で4部位できる事になりますから。

 

もし、ひざだけでなく、ひざ下やひざ上、腕も、といったように複数の部位を脱毛するなら、
脱毛ラボの全身脱毛コースを選んだ方がお得かもしれません。

 

それぞれの脱毛サロンにいろいろなキャンペーンやプランがあるので、
「ひざの脱毛」と何を組み合わせて、何回の施術を行うかといった事を踏まえて、
脱毛サロンを選ぶといいですね。