真っ白で綺麗なひざにしたいなら

脱毛なら安心して綺麗なひざにできる

 ひざの傷跡やシミを薄くする方法について

ひざは転んでケガをしたり、シミができやすい部位です。色素沈着や傷跡が目立つのは嫌ですね。

 

傷跡やシミを薄くする方法

新陳代謝を促す

皮膚が生まれ変わるターンオーバーがきちんと行われると、傷跡やシミもじょじょに薄くなります。新陳代謝はスキンケアといった外からの対応以上に、バランスのとれた食生活や規則正しい生活習慣といった「日頃の行い」が大切。まずは乱れた生活を見直して、体の内面から活性化していきましょう。

 

皮膚科医で治療を受ける

例えば大きな手術をした手術跡が目立つ場合には、皮膚科医による治療で薄くするといった事が行われます。また美容外科などでも相談に乗ってくれます。

 

保湿ケアを丁寧に行う

シミもそうですが、スキンケアとしては毎日継続して丁寧な保湿ケアをするのが基本です。乾燥は肌のターンオーバーを妨げますし、他の肌トラブルも誘因します。

 

ひざの傷跡やシミを目立たなくする為に

「傷跡を作らない」予防策が大切

出来てしまった傷跡やシミをなるべく薄くする方法はありますが、時間もかかりますし完全に治らない事もあります。

 

転んだケガは仕方ありませんが、例えばムダ毛処理で自分でカミソリで剃って肌を傷つける、ひざの角質を剃ってしまう、毛抜きで無理に抜いて炎症を起こしたりシミになったり色素沈着になる、といった事を予防するのが大切です。それには間違った自己処理をしないように脱毛サロンで脱毛してもらうのが一番いいですね。

 

肌に保水と保湿を

スキンケアでは保水と保湿がポイントになります。例え傷跡がなくても、ひざがザラついていたりプツプツと毛穴が盛り上がって汚く見えるといった場合にも保湿ケアがとても重要。脱毛サロンでは施術後に保湿ケアをしてくれると思いますが、そうしたケアを家庭でも日常的に行うと、だんだんと皮膚が健康になってシミなども薄くなってくるでしょう。

 

一番いいのは「予防できる事は予防する」です。ひざの傷は無理なムダ毛の自己処理などでも起こりがちです。関節の部分は凸凹しており、カミソリの刃もうまく当てづらく、目に見えない小さな傷をたくさん作っているなんて事も。「シミや傷跡を作らない」ためにも脱毛サロンでの脱毛がオススメですね。