家庭用脱毛器でひざ脱毛

ひざ脱毛を家庭用脱毛器で施術した際のメリットデメリットをまとめました

家庭用脱毛器でひざ脱毛!そのメリットデメリットは?

 

ひざのむだ毛を自己処理する方法としては、
カミソリや電気シェーバー、そして家庭用脱毛器を使用する人が多いのではないでしょうか。

ひざは丸みを帯びているので刃物を使用した自己処理にはとても気をつかいますね。

そういった点では家庭用脱毛器を利用して方がよいようにも思えます。

 

ここでは家庭用脱毛器でひざの脱毛をする際のメリットとデメリットについてみて行きましょう。

 

家庭用脱毛器でひざ脱毛するメリット

家庭用脱毛器でひざ脱毛するメリットとしては、次のような点が挙げられます。

  • 自宅で気軽に使える
  • 用途や希望に応じた製品が選べる
  • 刃物ではないので傷をつける心配が少ない

家庭用脱毛器は、エステサロンに行く勇気がない、
エステに通う時間がないという女性にとってはとても便利なアイテムです。

人に知られる事なく自宅でこっそり脱毛する事がでますし、
忙しい人でもいつでも時間を気にせずに脱毛する事ができます。

 

家庭用脱毛器は、家電量販店や通信販売などで手軽に購入する事ができます。

それに種類や価格帯も豊富ですので、
自分の希望や用途にあった製品をたくさんある製品の中から選ぶ事ができます。

そして何よりも、家庭用脱毛器は
カミソリなどの刃物でむだ毛を剃るよりも肌への負担が少ない
と言えます。

特にひざはカーブしているので
カミソリなどでむだ毛を剃る時に傷つけてしまう可能性が高い部位です。

ひざの傷は目立ちますし、
跡が残りやすいのでなるべく傷つけない方法でむだ毛処理をしたいものです。

 

その点で、家庭用脱毛器は光を照射する事で毛根は破壊し、
毛を除去しますので切り傷のような傷ができる心配はほとんどありません。

 

家庭用脱毛器でひざ脱毛するデメリット

家庭用脱毛器でひざ脱毛する際のデメリットとしては、次のような点が挙げられます。

  • 肌トラブルが起こる可能性がある
  • 光脱毛器はエステに比べて出力が低い
  • 付属品や消耗品を追加購入する必要がある

家庭用脱毛器は、とても便利なアイテムですがデメリットもあります。

 

家庭用脱毛器の中には家庭でエステ並の光脱毛を体験できるとしている製品も多くあります。

しかしながら、やはり自己処理の範囲である事に変わりありませんので、
脱毛前後の肌ケアをきちんとしないと肌トラブルが起こる可能性は高くなります。

 

特にひざの脱毛で起こりやすい肌トラブルは色素沈着と角質化です。

ひざは普段から様々な摩擦を受けやすく乾燥しやすい部位です。

脱毛すると肌がより乾燥した状態になりますので、
これを放置した状態で摩擦を受けるとはだが黒ずんだり、
乾燥した肌の角質が硬くなりごわごわとした状態になってしまいます。

こうした状態を回避するためには、脱毛前後にしっかりとした保湿ケアをする事が大切です。

 

また、エステ並みの光脱毛が体験できるといっても、
あくまでも家庭用として販売されていますので
安全のために業務用の機器に比べて出力が低く設定されている場合が多いとされています。

光の出力が低いという事はその分、処理能力が業務用よりも低いという事になります。

そのため、むだ毛の処理に時間がかかる場合があるといったデメリットがあります。

 

さらに、家庭用脱毛器では、カートリッジなどの付属品を必要とする製品が多く、
こうした消耗品を後から追加購入する必要が出てくる場合もあります。

それに機器のメンテナンスをしないと脱毛効果が出にくくなる事もありますので、
費用面では製品によって購入後にもコストが必要になる事もありますので注意が必要です。