ひざ脱毛後の保湿ケア

ひざを脱毛した後に有効なアフターケアは?

 ひざの脱毛をしたあとどうしても乾燥してしまいます。 良いアフターケアはありますか?

 


 刺激を避けて保湿ケアをしっかり行いましょう。

 

ひざは普段から乾燥しやすい部分でもあります。

乾燥した状態でひざをついたり、服で摩擦されたりするとごわごわしたり、
黒ずんだりと乾燥による色々な肌トラブルが起こります。

特に脱毛した後のひざは普段よりも乾燥していますので、十分な保湿ケアが必要となります。

ここでは、ひざ脱毛後のアフターケアについてみておきましょう。

 

保湿ケアに最適なアイテム

ひざの保湿ケアに最適なアイテムには次のようなものが挙げられます。

  • 保湿クリーム
  • 保湿ローション
  • 入浴剤
  • ボディーソープ

 

脱毛後のひざをキレイに保つためにはとにかく乾燥対策を心がける事が大切です。

脱毛していない時などはピーリングなどをして角質ケアをすると良い事もありますが、
脱毛した後はそれでなくても肌に負担がかかった状態になっていますので、
ピーリングはやめておきましょう。

 

それよりも保湿効果の高い尿素などが配合されたボディークリームや
ローションをたっぷりと塗布してあげる事が有効的
です。

尿素以外で保湿に効果が期待できるとされている成分には、
コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などが挙げられます。

このような成分が配合されているクリームやローションを直接肌に染み込ませる事で
ひざの乾燥をケアする事ができるでしょう。

 

また、クリームやローションのように直接肌に塗り込む以外にも
乾燥をケアする方法はあります。

それは、お風呂でのケアです。

入浴剤やボデーソープなどでも保湿効果のある製品が販売されていますので、
こうした製品を積極的に使ってみるだけでもかなり違ってくるはずです。

 

ひざケアで注意したい事

ひざの乾燥対策は常日頃から気をつけておくべき点がいくつかあります。

  • ナイロン系のタオルを使わない
  • ひざをつかない
  • ピーリングしすぎない

 

ひざは脱毛した時だけでなく日頃からケアしておく事で乾燥を防ぐ事ができます。

日頃からケアをしておけば脱毛した時に乾燥しても
さほどひどい肌トラブルに見舞われることはないと言えるでしょう。

キレイなひざを保つために気をつけておきたい事の1つに、
ひざを洗う時にナイロン系のタオルなどを使わないという事があります。

ナイロン系のタオルは刺激が強く、ひざを傷つけてしまう可能性があります。

そのため、ひざは手のひらや柔らかいタオルなどで洗うようにする事が大切です。

 

また、日常生活の中でひざをつく行動というのは意外に多いものです。

ひざをついたまま移動したり、長時間ひざをついた状態でいると
ひざの骨に負担がかかるだけでなく肌へも負担がかかる事になります。

ひざをつくとひざが摩擦されごわごわとした状態になってしまいます。

こうした状態があまりにもひどいと脱毛ができない場合もありますので、
やはり日頃からケアしておく事が大切と言えるでしょう。

 

さらに、ひざが角質化してごわごわしてくるとピーリングをする人も少なくないと思います。

ピーリング自体は悪いものではありませんので問題ないのですが、
あまりやり過ぎると返って乾燥を進めてしまいますのでやり過ぎには注意が必要です。