ひざ脱毛時の肌トラブル

脱毛エステで肌トラブルになったら

 脱毛で肌トラブルを起こしてしまったらどうしたらいいですか?

 


 脱毛サロンのスタッフに状況を伝えましょう。

 

脱毛サロンの施術で肌トラブルが起きてしまったら、
まず通っているサロンのスタッフに状況を伝えたほうがいいですね。

 

対処法としては、

  • 脱毛機器の光の調節をしてもらう
  • 施術前・後のケアを相談する(保湿クリームを増やしてもらうなど)

プラスして、自分でできる対処法としては、

  • 施術後の入浴は控えるようにする
  • 施術後の冷却はしっかりとする
  • 体調の悪いときなどは無理をしない
  • 家でのスキンケアも丁寧に行う

このあたりを注意してみるとよいでしょう。

 

一般的に脱毛サロンではフラッシュ脱毛による施術を行っており、
この施術方法は特にトラブルが少ないことで知られています。

ボディパーツとしてみても、顔やVIOゾーンに比べて、
ひざはトラブルの少ない箇所でもあります。

フラッシュ脱毛の機械は当てる光の調整ができるので、
痛みを感じやすい人や肌の色合い、産毛などにも対応できますし、
毛根にピンポイントで光を当てるので肌への負担が少ないのが特徴です。

 

施術ではフラッシュを当てる前にジェルを塗って肌を保護してくれます。

しかし一瞬ではあっても「熱」を体感し、その為に肌が乾燥したと感じる人もいます。

多くの脱毛サロンでは施術後に保湿クリームやローションなどで肌をケアしてくれます。

サロンによっては、美白効果や美肌効果のある
独自のローションを開発しているところもあるようですね。

こうした丁寧な施術前・後のケアをしてもらえるので、
脱毛サロンでは肌トラブルが少ないのでしょう。

 

しかし、施術後に「かゆみを感じた」「なんだか皮膚が赤くなっているような気がする」
という人もいるかもしれません。

特に初回の施術ではこうした違和感を感じる場合があるかもしれませんが、
このような時にはスタッフにすぐに伝えるようにしましょう。

ほとんどの場合、こうした軽い「違和感」はすぐになくなると思います。

特に敏感肌で不安だという場合には、
最初にパッチテストを行ったり試しにフラッシュを当ててもらい、
肌の状態を確認してから施術を行ってもらうと安心ですね。

 

脱毛サロンの中には医療機関と提携しているところや
ドクターと協力体制をとっているところもありますから、
こうしたサロンを選ぶというのもひとつの方法です。

脱毛ラボはもしも肌トラブルが起きた場合、提携しているドクターを紹介してくれるだけでなく、
その際にかかる費用を全額保証しています。

脱毛サロンでの初回カウンセリング時に、
「もし肌にトラブルが起きた場合」のサロンの対処法を確認しておくと安心です。