傷とフラッシュ脱毛について

ひざに傷跡があっても脱毛は可能か

 子どものころ転んだ傷跡があっても脱毛できる?

 


 ひざに傷跡があっても脱毛サロンで脱毛することができます

 

ひざは子どもの頃に転んだりして特に傷跡の多い箇所です。
つい最近できた傷跡ではないのでしたら、
転んだ時に怪我をした場所が色素沈着を起こして「傷跡」として残っているということでしょう。

 

フラッシュ脱毛は黒い色素に反応する特殊な光をあてて脱毛します。
ですから黒っぽく変色した傷跡があると過剰に反応してしまう心配はあります。
そこで脱毛サロンでは、
傷跡に絆創膏のようなテープや特殊なコットンなどをあててカバーします。
こうすることで過剰にフラッシュが傷跡に当たることを防ぎます。

 

無料カウンセリングで相談する

脱毛サロンでは初回にカウンセリングを行うところがほとんどです。
この時にひざに限らず、傷跡がある場合には必ずスタッフの人に伝えましょう。
傷跡が薄いのであればカバーをする必要がない場合もあるでしょうし、
カバーする範囲についてもスタッフの人と一緒に確認すると安心ですね。
出来たばかりの傷、かさぶたがある場合も必ずスタッフの人に伝えるようにしましょう。

 

脱毛の途中で傷が出来てしまった場合は?

もしフラッシュ脱毛を始めてからケガをしてしまった・傷ができてしまった、
という場合にはしばらく施術をお休みする必要があるかもしれません。
これも傷の具合にもよります。ごく小さな切り傷なら問題ないかもしれません。
傷の大きさによっては休会扱いをしてくれるか、期間の延長はできるのか、
キャンセルの取扱いなども含めて、通っているサロンに相談しましょう。

 

きちんとした脱毛サロンならこうした相談にもスタッフが親切に聞いてくれると思います。
不安な人は最初のカウンセリング時に「ケガをした場合」の対応を聞いておくとよいでしょう。

 

他の脱毛方法

フラッシュ脱毛では傷跡の上にピンポイントに生えているむだ毛の処理はできません。
どうしても脱毛したいのであれば、ニードル脱毛という方法があります。
ニードル脱毛は直接毛穴に針をさして微弱な電流を流して毛根を破壊します。
その為にフラッシュ脱毛に比べると「痛い」、また料金も「高い」といったことがあります。

 

脱毛サロンでの工夫

ひざは傷跡と共に「アザ」も多い場所です。
これも傷跡と一緒で濃いアザの場合には
その箇所をカバーしてフラッシュを当てる方法がとられますから
大きさにもよりますが脱毛サロンでの施術は可能です。