毛抜きのデメリット

除毛と脱毛について

 「毛抜き禁止」はどうしてなの?


 毛抜きには3つの欠点があるからです。

 

まずは「肌荒れ」。
毛は思いのほかしっかりと生えていて、無理して抜こうとすると皮膚まで一緒に引っ張られます。
実はこれ、毛根の近くにある立毛筋がピンと張って抜けないように抵抗してるからなんです。
それでも無理に抜くとと、今度は皮膚のいちばん外側にある角質が毛穴を塞いでしまいます。

 

しかも毛を抜いた後の肌は、まるで鳥肌がたっているようにザラザラ&ボツボツ。
これでは美しい肌にはほど遠いですよね。

 

ふたつめは「埋没毛」。
角質が毛穴を塞いでしまうと、次に生えてくる毛が皮膚の中で成長します。
それが埋没毛。
見た目かなり悪いですよね。

 

そして最後は「肌の炎症」。
毛抜きは毛穴を広げることになるので、その広がった毛穴に細菌が入り込みやすくなるんです。
これがニキビのような炎症を起こす原因にも。

 

毛抜きって本当に肌に良くないんですよ。
肌トラブルを起こしがちなんです。

 

除毛と脱毛

カミソリによるムダ毛剃りと同じく、手軽にできる自己処理といえば「毛抜き」。
1本ずつ抜く面倒さと抜いた時のちょっとした痛みが欠点だけれど、
カミソリで剃るのと違ってすぐに生えてこないしそれなりに肌もキレイになるから、
ついついやってしまうんですよね。

 

でもここで忘れてならないのは、毛抜きは肌にダメージを与えるとともに
知らないうちに毛の成長を手助けしてしまっているということ。
たとえ毛抜きで毛根ごと抜いたとしても、毛を成長させる毛母細胞や毛乳頭を排除することはできません。
そしてそれはつまり、いつまでたってもムダ毛がなくならないことを意味しています。

 

結局、毛抜きは除毛であって脱毛ではありません。
前述のようなリスクがある分、除毛はたとえ手軽でもできるだけしない方がいいのです。

 

ちなみに脱毛とは、例えば医療機関で行うレーザー脱毛や脱毛サロンで行う光脱毛のこと。
光によって毛乳頭を破壊し、最終的には二度と生えてこなくする方法です。

 

即効性を求めるなら除毛、持続性を求めるなら脱毛。
それぞれメリットはありますが、肌のことを考えたらやっぱり脱毛の方がいいかも。
昔と違って今は脱毛専用のサロンも増え、さらに低料金で受けられるようになりました。
例えばひざのムダ毛を毛抜きで1本ずつ抜いていたら、ものすごく時間がかかります。
れを数十分で終わらせてしまう光脱毛・・・。
その差は歴然ですよね。